柔道大野将平選手金メダル2連覇!!強すぎてすごいです!!

ニュース芸能
スポンサーリンク
宮崎紅代
宮崎紅代

こんにちは!ニュース芸能担当の宮崎紅代です☆彡

ariari
ariari

こんにちは管理人のariariです☆彡

宮崎紅代:管理人さん!!柔道6人目の金メダルです!!

柔道男子73キロ級で、大野将平選手が金メダルを獲得しました(*^▽^*)

 

ariari:やはり大野将平選手きましたねー♪この方2016年から負け知らずだとか。。。しかも殆ど1本勝ちという正に最強!!

なんか達観したものを感じるんですよねー。。。ただただ強すぎてすごいです!!

宮崎紅代:試合する前から勝っている。。。みたいな凄みというか圧力というか。。。うまく表現できないんですけど

神ってますよね!!

ariari:わかるわかる(;^_^A。すごすぎてどう表現していいかわからないんだよね。。。

宮崎紅代:でもすごく感動しました!!

夢と希望と感動をありがとうございました!!

2021年東京オリンピックで夢と希望と感動を!!柔道競技の見どころを紹介
日本勢は2016年リオデジャネイロオリンピックで金3、銀1、銅8個のメダルを獲得しました。まさにメダルラッシュ!!だったのです。そんなメダルの獲得が最も期待できる日本のお家芸の柔道の見どころを紹介します。頑張れニッポン!!夢と希望と感動を!!

試合内容詳細

宮崎紅代
宮崎紅代

柔道男子73キロ級決勝の詳細は以下のようになっております。

 2連覇を目指す大野選手は、初戦の2回戦と続く3回戦をいずれも一本勝ちし、順当に準々決勝に進みました。

準々決勝は前回大会の決勝と同じ相手、アゼルバイジャンのルスタム・オルジョフ選手と対戦しました。

大野選手は開始2分すぎに内股で技ありを奪い、3分すぎには小内刈りで再び技ありを奪って「合わせ技一本」で勝ち、貫禄を見せました。

続く準決勝はモンゴルの選手に延長戦の末、小外がけで技ありを奪って決勝に進みました。

迎えた決勝は、ジョージアのラシャ・シャフダトゥアシビリ選手と対戦しました。
大野選手は序盤から積極的に攻めたものの投げ技などを警戒して距離を取ろうとする相手に対して技を決めきれず、決勝も延長戦にもつれ込みました。

延長戦でもしっかりと両手で組んで攻め続けた大野選手は、延長5分半ごろに支え釣り込み足で技ありを奪って勝って金メダルを獲得しました。

 前回、リオデジャネイロ大会で金メダルを獲得した大野選手は、2連覇を果たしました。オリンピックの2連覇は、日本の柔道では7人目です。

引用元リンク

ariari
ariari

 2連覇おめでとうございます!

でもまだまだ大野将平選手の伝説は続きそうです!!

これからも頑張ってください!!

まだまだ柔道メダル獲得は期待できますよ!!

宮崎紅代
宮崎紅代

大野将平選手金メダル獲得、五輪大会2連覇おめでとうございます!!

まだまだ柔道は重量級の試合が残っています。

頑張れニッポン!!夢と希望と感動を!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました